英語には日本語の5倍以上の母音がある

日本語は5つの母音、英語には26の母音がある

英語の母音の数は、どういう基準で分類するか、また英米によっても異なり、絶対的な正解があるわけではありません。Nipponglish(ニッポングリッシュ)ではIPAを簡素化したアメリカ英語に用いられるJones式の発音記号を基準に英語の母音を26個に分類しました。以下、Nipponglishでは従来の発音記号をIPAと総称して表記します。

IPAを簡素化したアメリカ英語のJones式・発音記号母音一覧表

Nipponglish(ニッポングリッシュ)のカナ記号で洋楽を歌ってみる

Nipponglish の母音カナ記号

Nipponglish 英単語・センテンス用の母音カナ記号は、東洋大学との産学連携研究のもと、英語音声学理論を下敷きに、視認性・発音実行可能性・音像再現性の妥当性検証を繰り返し、カタカナ読みでも英語として通じるようにビジュアル効果をカナ記号に加え誘導しています。

IPAとNipponglishの口の開き具合と舌位置の相関図
英語には5つの「ア」の音がある

日本語は「ア」の音は一つしかありませんが、英語には5つの「ア」があり、発音記号では「ʌ」「æ」「ɑ」「ə」「a」で表記されます。「ʌ」は ”cut, sun, hut, run, bas“など短い母音です。「æ」は ”cab, hat, tap, bad,chat“など「エとア」の中間の母音です。「ɑ」は ”cotton, hot, top, not, box“など「オとア」の中間の母音です。「ə」は曖昧母音と呼ばれ「ア行」のどの音にも聞こえてしまう弱く発音される中途半端な「ア」の音で ” apart, support, material, today “の最初の母音の音です。「a」「ai」「au」「aiə」「auə」として ”rice, cow, fire, our“などの二重・三重母音のハッキリ発音する最初の「ア」の音です。

Nipponglish の英単語用カナ記号では、よりネイティブライクな英単語の発音ができるように、英語の「ʌ」「æ」「ɑ」「ə」「a」のそれぞれの「ア」の音を区別して表記しています。

英語の5つの「ア」音のNipponglishカナ記号表記

英語音声を聞く

*Nipponglishは、アメリカ英語のIPAを基準としています。

よかったらシェアしてください!
目次
閉じる