Ticket To Ride・Carpenters

Carpenters(カーペンターズ)が歌うTicket To Ride(チケット・トゥ・ライド)
Nipponglish・Dual Task Training

【 学習ポイント・フラップ現象 】
英語では単語間や音節で / t / や / d / が母音に挟まれる形になると / t / や / d / は「ラ行音」に変化(フラップ現象 = Flap)します。この曲には、連結してフラップする「got a = ラ」と単語間で母音に挟まれてフラップする「ought to = ウ ラ」が繰り返し出てきます。このフラップする音を聞き取り発音する練習をするといいでしょう。

「Ticket to Ride(チケット・トゥ・ライド)」は、英国のロックバンド「Beatlesビートルズ」の曲で、1965年4月にシングルとしてリリースされ、英国でビートルズの7回連続のナンバー1ヒット、米国で3回連続のナンバー1ヒットになった大ヒット曲です。

この曲を、アメリカの兄妹デュオ「Carpenters(カーペンターズ)」がデビュー・スタジオアルバム「Offering(オファリング)」でカバーし、1969年に米国でリリースしましたが、ヒットしませんでした。しかし、アルバムは「Ticket to Ride」と名前を変更し、国際的に再発行されると若干ヒットし「Carpenters」が有名になるきっかけとなりました。

和訳歌詞を見る

よかったらシェアしてください!
目次
閉じる