Piano Man・Billy Joel

Billy Joel(ビリー・ジョエル)が歌うPiano Man(ピアノ・マン)
Nipponglish・Visual Adjust Reading

【 学習ポイント・鼻音 / n / の連結 】
子音で終わる単語の次に、母音や半母音 / j / で始まる単語が来て、それらが一つの意味の塊を成すとき、音の連結(リンキング)が起こります。この曲には、語尾の鼻音 / n / と語頭の母音や半母音が連結する「nine o’clock = ーイ クロック」,「on a = ー ナ」,「There’s an old = ゼァ ザ ウ」,「can you = ャン ニュ」,「and it’s = ア ニツ」,「feeling alright = ィリ イ」などがたくさん出てきます。これらの連結する鼻音を聞き取り発音する練習をするといいでしょう。この曲は、彼の実経験に基づいた物語になっているので、歌詞の意味を理解して歌うと、よりスピーキング力もアップします。

「Piano Man(ピアノ・マン)」は、アメリカのシンガーソングライター「Billy Joel(ビリー・ジョエル)」が作詞作曲し1973年11月2日にリリースされた彼の最初のシングルです。その後、数枚のアルバムに収録されました。

「Piano Man」は、1974年4月にUS Billboard Hot 100チャートの最高が25位で、トップ10に入れませんでした。しかし、1977年のアルバム「The Stranger(ストレンジャー)」の大ヒットにより「Billy Joel」は、スーパースターへ躍進すると、この曲は、ビリーの代表曲となり、2011年にiTunes Storeのビリーの曲として1位にランクされ、コンサートの最後を「ピアノ・マン」で締めくくることが定番となっています。

和訳歌詞を見る

よかったらシェアしてください!
目次
閉じる