Let It Go・Idina Menzel

Nipponglish・Visual Adjust Reading

【 学習ポイント・フラップ現象 】
英語では単語間や音節で / t / や / d / が母音に挟まれる形になると / t / や / d / は「ラ行音」に変化(フラップ現象=Flap)します。この曲は皆さん「Let it go」を連結してフラップさせて「レリゴー」と歌っていますね。このように英語の曲を歌えるようになるとネイティブライクな発音が自然に身に付いていきます。この曲には連結する音がたくさん出て来るので、他の音も練習するといいでしょう。

この曲は、ディズニーの2013年のアニメ映画「アナと雪の女王」の曲で、その音楽と歌詞は、夫婦の作詞作曲チーム、クリステン・アンダーソン・ロペスとロバート・ロペスによって作曲されました。この曲は、アメリカの女優で歌手のイディナ・メンゼルが声優としてエルザ女王を演じ、映画のオリジナルのショーチューンバージョンで演奏されました。その後、シングルとしてリリースされました。

「Let It Go」は、Billboard Hot 100チャートでトップ10になったメンゼルの最初のシングルとなり、最初のトニー賞を受賞しました。また、米国では350万部を売り上げ、2014年で9番目に売れた曲になりました。

和訳歌詞を見る

よかったらシェアしてください!
目次
閉じる