「L」と「R」を簡単に発音仕分ける方法

オレンジのカナで日本語の音をネイティブライクに矯正

英語には「L」と「R」の二つのラ音がありますが、日本語には「ラ音」が一つしかないので、日本人は英語の「L」と「R」を発音し分けるのを苦手としています。

Googleで検索すると「L」と「R」の様々な発音方法が紹介されています。Nipponglihでは、オレンジの小さい「」で日本語の「ラ音」を英語の「R音」へ矯正します。

日本語と違って英語は、舌・唇・のど・鼻を使って発音します。「」を発音する口の形を作ると、舌が自然に動きます。自分の口で試してください。

「ウ」の口の形を作って「ラ行音」を発音

」の口の形のまま次の「ラ行音」を発音するとネイティブライクな「R音」が発音できます。

「L」と「R」を発音仕分けてみよう

実際に Nipponglish のPOP Ver. のカナをガイドに「light と right」「glass と grass」「long と wrong」「lane と rain」を発音してみましょう。

英語の「L音」は、日本語の「ラ行音」に近いので、そのまま発音してください。

英語音声を聞く

オレンジのカナ「」は発音せず口の形を作るだけです。どうですか?これなら簡単に英語の「L」と「R」を発音仕分けることができますね。

よかったらシェアしてください!
目次
閉じる