Beat It・Michael Jackson

Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)が歌う Beat It(ビート・イット)
Nipponglish・Visual Adjust Reading

【 学習ポイント・フラップ現象と融合同化 】
英語では単語間や音節で / t / や / d / が母音に挟まれる形になると / t / や / d / は「ラ行音」に変化(フラップ現象=Flap)します。この曲のタイトル「Beat It = ーレッ・ー」「told him = ーディム」は連結してフラップし、「better = ーラ」,「defeated = ディーレ」は、単語内でフラップしています。また、「Don’t you = ュー」,「face you = ェイ ュ」,「what you = ュー」,「but you = ュ」など、融合同化する音がたくさんでてきます。これらの音を聞き取り発音する練習をするといいでしょう。

「Beat It(ビート・イット)」は、キング・オブ・ポップと呼ばれる「Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)」の6番目のスタジオアルバム「Thriller(スリラー)」(1982)に収録されています。この曲は「Quincy Jones(クインシー・ジョーンズ)」がプロデュースに加わり、「The GirlIs Mine」,「Billie Jean」に続き、1983年2月14日にアルバムの3枚目のシングルとしてリリースされました。

米国ビルボードホット100のナンバーワンを3週間獲得し、ヨーロッパでナンバーワンのヒットとなり、スペイン・オランダでナンバーワンになりました。ハードロックバンド「Van Halen(ヴァン・ヘーレン)」のリード・ギタリストである「Eddie Van Halen」のギターソロの迫力は聞きごたえがあります。

和訳歌詞を見る

よかったらシェアしてください!
目次
閉じる