日本人がネイティブライクな英語を話すための ”コツ” がある!

日本人は、英語のすべてのスペルを発音してしまう!

日本でもおなじみになりつつあるアメリカの大型量販店「Costco=コストコ」ですが、アメリカ人は音節の最後や語尾の破裂音の / t / を発音しないので「コストコ」ではなく2音節で「コス・コウ」と発音します。

海外で「How can I get to Costco?」=「ハウ キャナイ ゲッ トゥ コストコ ?」とカタカナ発音で道を尋ねると、「コ・ス・ト・コ=4音節」なので「Costco=2音節」と聞き取ってもらえなくて、下手したらローカルのメキシコ料理のお店なんか教えられるかもしれません。

日本語では、すべての文字を発音するため、日本人は英語の文字をすべて発音する癖があります。海外旅行で Costco に行く機会があったら、フードコートで「Hot dog」を「ハッダー」と言って注文してみてください。

英語では、語尾の破裂音「p t k b d g」を発音しないことがよくあるので「Hot dog」の語尾の / t / と / g / を発音しなくても「ハッダー」で通じるのです。逆にカタカナ発音で「ホットドッグ」と語尾の「トとグ」を明確に発音してしまうと、音節数が増えるためネイティブには違う言葉に聞こえてしまうのです。

発音されないことがある音節の最後や語尾の破裂音
発音されないことがある音節の最後や語尾の破裂音

日本語はピッチの言語、英語はビートの言語、リズムが大きく違う!

日本語の標準語で「雨」は「ア」より「メ」が低く、反対に「飴」は「ア」より「メ」を高く発音しますね。このように、日本語は「高低アクセント」で発音される「ピッチの言語」といわれ、英語のような強弱の ”強勢アクセント” を付けて話す習慣がありません。

英語はストレス(強勢)のある母音を「強く・長く・高く・ハッキリ」と発音し、ストレスのある母音が同じ間隔で現れるリズムを持つことから「ビートの言語」といわれます。

強弱を付けて発音することに慣れていない日本人が、正しい英語を発音するためにはストレスのある母音を「強く・高く・長く・ハッキリ」と発音することが非常に大切です。

日本語(ピッチの言語)と英語(ビートの言語)の違い
日本語と英語はアクセントが全然違う!

英語は会話や歌になると、複数の単語が一塊のチャンクで発音される!

英語は子音で終わる単語の次に、母音や半母音 / j / / h / で始まる単語が来て、それらが一つの意味の塊を成すとき、音の「連結」(リンキング)が起こります。また、/ n / で終わる単語の次に / t /, / d /, / th / で始まる単語が続くと「同化」により音が変化する現象が、会話や歌で頻繁に発生します。

例えば「一杯のコーヒーを下さい」を、ネイティブが発音すると、下の例の「_」の前後の単語が連結します。なお、以下の例はアメリカ英語を基本としています。

語尾の子音と語頭の母音の連結(リンキング)例
語尾の子音と語頭の母音に連結(リンキング)例

このように、英語は音節の強弱や、語尾の音と語頭の音の組み合わせにより「省略・短縮・連結・同化・フラップ」などの現象が起こり音が変化します。これらの音の変化は、すべて英語音声学のルールに則っており説明が可能です。

このルール(コツ)が分かっていれば、よりネイティブライクな発音ができるようになり、ヒアリング効率も飛躍的にアップします。ルールは「世界に通じる英語のルール」で詳しく説明します。


世界に通じる英語のルール 英語を話すのに、日本人は世界で最も残念な民族なのです!