英語には母音がたくさんある

日本語は5つの母音、英語には26の母音がある

英語の母音の数は、どういう基準で分類するか、また英米によっても異なり、絶対的な正解があるわけではありません。Nipponglish(ニッポングリッシュ)ではIPAを簡素化したアメリカ英語に用いられるJones式の発音記号を基準に英語の母音を26個に分類しました。以下、Nipponglishでは従来の発音記号をIPAと総称して表記します。

IPAを簡素化したアメリカ英語のJones式・発音記号母音一覧表

Nipponglish Academic Ver. の母音カナ記号

Nipponglish Academic Ver. の母音カナ記号は、東洋大学との産学連携研究のもと、英語音声学理論を下敷きに、視認性・発音実行可能性・音像再現性の妥当性検証を繰り返し、カタカナ読みでも英語として通じるようにカナのビジュアルを変化させています。

IPA発音記号とNipponglishで母音を発音する、口の開き具合と舌の位置の相関図

英語には5つの「ア」の音がある

日本語は「ア」の音は一つしかありませんが、英語には5つの「ア」があり、発音記号では「ʌ」「æ」「ɑ」「a」「ə」で表記されます。「ʌ」は ”cut, sun, hut, run, bas“など短い母音です。「æ」は ”cab, hat, tap, bad,chat“など「アとエ」の中間の母音です。「ɑ」は ”cotton, hot, top, not, box“など「アとオ」の中間の母音です。「a」は 「ai」「au」「aiə」「auə」として ”rice, cow, fire, our“などの二重・三重母音のハッキリ発音する最初の「ア」の音です。「ə」は曖昧母音と呼ばれ「ア行」のどの音にも聞こえてしまう弱く発音される中途半端な「ア」の音で ” apart, support, material, today “の最初の母音の音です。

Nipponglish のAcademic Ver. と POP Ver. では、よりネイティブライクな英単語の発音ができるように、英語の「ʌ」「æ」「ɑ」「a」「ə」の音を区別して表記します。

Nipponglish Academic・POP バージョンによる英語の「ア音」表記の比較

Academic Ver. は、IPAと同じ音数で英単語の強勢アクセントと高低アクセントをビジュアルで詳細に表記した日本語の発音記号です。

Academic Ver. は、ネイティブライクな単語音になるようにオレンジの小さいカナを使って誘導します。オレンジのカナの口の形のまま発音しないで、次の母音を発音してください。オレンジのカナの口を作ることで舌が自然に動き、英語に近い発音ができます。

また、語尾の破裂音は発音されないことがあるためAcademic Ver. は中抜きのカナ記号を採用しています。Academic Ver. は「英単語レベルの詳細な発音を表記」するのに適しています。

POP Ver. は、カタカナとカナ記号を使ってAcademic Ver. を簡素化したものです。 POP Ver. は、Academic Ver. に比べ文字数が少なくなるため「チャンクやセンテンスの表記」に適しています。

Nipponglishとは? 世界に通じる英語のルール 洋楽カラオケを歌おう