英語の「R」音を手軽にうまく発音するなら

オレンジのカナで日本語の音をネイティブライクに矯正します

Googleで検索すると「L」と「R」の様々な発音方法が紹介されています。Nipponglish(ニッポングリッシュ)では、オレンジの小さい「」で日本語の「ラ行音」を英語の「R音」へ矯正します。

英語は、舌・唇・のど・鼻を使って発音します。「」の口の形のまま次の「ラ行音」を発音すると、アメリカ英語の「R」を発音するのに似た舌の位置に自然に近づきます。自分の口で試してください。

「ウ」の口の形を作って日本語の「ラ行」を発音すると英語の「R行」になる

では、実際に Nipponglish のPOP Ver. のカナをガイドに「light と right」「glass と grass」「long と wrong」「lane と rain」を発音してみましょう。 ちなみに、英語の「L音」は、舌の先端を上前歯の後ろにしっかり当てて発音します。

「L」と「R」を区別して発音練習してみよう!

オレンジのカナ「」は発音せず口の形を作るだけです。どうですか?これなら簡単に英語の「L」と「R」を発音仕分けることができますね。

Nipponglishとは? 世界に通じる英語のルール 洋楽カラオケを歌おう